日興証が下落:TOPIX3日ぶり1300割れ-1カ月半ぶり安値に

日興証券の株価が下落。前日比13円 (1.36%)安の946円と連日で下げ、4月20日以来1カ月半ぶりの安値を付け た。TOPIX(東証株価指数)が3日ぶりに1300ポイントを下回るなど日本 株の下落に連れて収益好転期待が後退している。売買高は73万3000株と上場 証券20社中最も膨らんでいる。

売り注文はゴールドマン・サックス証券、ドレスナー・クラインオート・ ワッサースタイン証券や野村証券を経由したものが比較的目立っている。日本 株下落を受けて証券株には「今期の収益回復への懸念」(小林治重・明光ナショ ナル証券投資情報部部長)が浮上しやすく、売り注文が先行している。

日興証については米モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショ ナル(MSCI)採用の期待もあり5月7日に年初来高値(1135円)を付けた が、その後は下落基調になっている。

他の証券株も安い。野村証券が前日比65円(2.62%)安の2415円、大和 証券グループ本社は同15円(1.16%)安の1280円など上場証券20社全社が下 落している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面:

企業ニュース:JBN18