米国株【個別銘柄】:ノキア、ヒューズ、GE、デル、ルーセント

12日の主な銘柄は以下の通 り。

アフィメトリックス(AFFX):14.94ドル(36%)安の26.01ドル。D NA(デオキシリボ核酸)チップ最大手の米アフィメトリックスは11日、第2 四半期純損益は400万ドル-700万ドルの赤字になるとの見通しを示した。遺伝 子研究に用いられるDNAチップの需要が予想より鈍化しているため。売上高 は4400万ドル-5000万ドルと、アナリスト予想(5500万ドル-6000万ドル) を下回る見込み。

ヒューズ・エレクトロニクス(GMH):2.70ドル(12%)安の19.90ド ル。衛星放送大手のヒューズ・エレクトロニクスは11日の取引終了後、2001 年のディレクTVの新規加入者数が130万人にとどまるとの見通しを示した。 これは、これまでの見通しの150万人―170万人を下回る。同社の加入者数見 通しの下方修正はこれで2回目。

ノキア(NOK):ADR(普通株1株に相当)は5.45ドル(19%)安の

23.26ドル。フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは、第2四半期1株利益 予想を0.15-0.17ユーロと、これまでの0.20ユーロから下方修正した。増収 率は10%未満と、これまでの予想(20%)を下回る見込み。

ウィリス・グループ・ホールディングス(WSH):保険販売のウィリス・ グループ・ホールディングスは、新規株式公開(IPO)で2000万株を売却し、 2億7000万ドル(約328億円)を調達した。公募・売出価格は13.50ドルで、 初日の終値は公募価格比3.10ドル(23%)高の16.60ドル。

デルコンピュータ(DELL):0.84ドル(3.3%)高の26.10ドル。モル ガン・スタンレー・ディーン・ウィッターのアナリスト、マンソン氏は、パソ コン直販大手デルコンピュータの利益が2002年に改善するとの見通しを示した。 同氏は、デルの投資判断を「アウトパフォーム(市場平均以上)」に、従来の「ニ ュートラル(中立)」から引き上げた。

ゼネラル・エレクトリック(GE):1.37ドル(2.9%)高の48.77ドル。 ゼネラル・エレクトリック(GE)によるハネウエル・インターナショナル買 収計画について、欧州の独禁法当局が計画に多くの条件を付ければ買収計画が 難航する可能性があるとの見方が広がった。市場では、GEによるハネウエル 買収発表時に、GE株を売りハネウエル株を購入した投資家が、GE株を買い 戻し、ハネウエル株の売却に動いたとみられる。

CMGI(CMGI):インターネット投資会社のCMGIが12日の取引 終了後に発表した第3四半期(2-4月)の純損益は、償却費などを除いたベ ースで1億3170万ドル(1株当たり38セント)の損失となった。3月の会社 側予想では2億3600万ドル-2億4600万ドルの損失となるとされていた。終 値は9セント高の4.14ドル。

ルーセント・テクノロジー(LU):格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)は、通信機器大手のルーセント・テクノロジーの信用格付け を投資不適格級に引き下げた。需要鈍化でキャッシュフロー(現金収支)の増 加や営業損益の黒字化が困難になるとみられるため。終値は10セント安の7.94 ドル。

プリンストンRussell Hubbard 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo                 MK --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE