コンテンツにスキップする

日テレコム:今期連結純利益見込み14.5%減、マイライン経費増響く

日本テレコムは24日、2002年3月期 の連結業績は、売上高が前の期に比べ9.2%増の1兆6000億円、経常利益が同

10.6%減の800億円、純利益が同14.5%減の150億円を見込むと発表した。

売上高は携帯電話事業、固定電話事業ともに伸びる。しかし、経常利益ベ ースでは、携帯電話が96億円の利益拡大要因となる一方、固定電話は170億円 分の利益圧縮要因となるため、増収減益となる。固定電話はマイライン(優先 接続サービス)関連の経費や、データセンターの減価償却費がかさむ。

携帯電話の実質ARPU(利用者1人当たりの月間利用代金、売上計上方 法の影響除く)は、同3.9%減の7400円を見込んでおり、下落率は前期(4.9%) よりは緩和する。携帯と固定を合わせた設備投資計画額は同1.8倍の7400億円。

2001年3月期実績は、先月発表した業績予想修正とほぼ同じで、売上高が 1兆4653億円、営業利益は1118億円、経常利益は894億円、純利益は175億 円だった。J-フォン3社が新たに連結子会社に加わったため、前の期の業績 と単純比較はできない。日本テレコム単体の純利益は同25.8%増の119億円だ った。

日本テレコムの株価終値は、前日比7万円(2.46%)安の277万円。

東京 上野 肇 Hajime Ueno

林 純子 Junko Hayashi MH/SH

--*(03)3201-8926 hueno@bloomberg.net

参考画面: 企業ニュース:JBN18 日本テレコム 9434 JP <Equity> CN KDDI 9433 JP <Equity> CN NTT 9432 JP <Equity> CN NTTドコモ 9437 JP <Equity> CN ボーダフォン VOD US <Equity> CN ブリティッシュ・テレコム BT/A LN <Equity> CN

業界別ニュース:JBN17 テクノロジー NI TEC 通信 NI TLS インターネット NI NET 通信機器 NI TEL 電子関連 NI ELE 電機 NI ELQ 半導体 NI SEM ソフトウェア NI SOF

種類別ニュース: 日本経済 NI JEALL 企業 NI KIGYO

NI COS 決算 NI ERN、JBN19 日本語ニュース NH JBN

地域別ニュース: 日本 NI JAPAN アジア NI ASIA 米国 NI US 欧州 NI EUROPE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE