コンテンツにスキップする

国内社債市場:住友不、日産自、四国電、アイフル-注目銘柄が集中

国内社債市場では、連休明けの起債ラ ッシュを終えたが、今後話題性のある起債が見込まれる。21-22日から、住友 不動産が3本建ての個人向け債300億円の募集を開始したが、2本は変動利付 債で4月に続く募集となる。22日には日産自動車が発行額700億円と過去最大 規模の個人向け債の発行条件を決定し、23日から募集活動に入る。

決算発表を終えた東京電力のほか、中国電力、四国電力、中部電力なども 起債を検討しているようだ。四国電は20年債と超長期債の発行を検討している。 年限が7年程度のSB発行を検討しているアイフルの動向も注目される。円建 て外債(サムライ債)市場では、保険会社のアフラックやブラジル国立経済社 会開発銀行(BNDES)、南アフリカ共和国などの起債が見込まれるほか、米 IBMも起債を検討しているもようで、起債市場が盛り上りそうだ。

住友不、日産自に注目-東電、関西、中国、四国も起債検討

住友不が21日に起債した3本建ての個人向け債のうち、2本は変動利付債。 表面利率は当初の半年が固定、以降が6カ月LIBOR(ロンドン銀行間取引 金利)に連動して決まる。主幹事は新光証券と三和証券が務めた。同社は4月 にも同じ仕組みの変動利付債を募集し完売した。今後も、個人投資家に馴染み が薄いLIBOR連動債が個人向け債市場に根付くか、売り出す証券会社の販 売体制や個人投資家の動向が注目される。

日産自は22日に発行額700億円の個人向け債の発行条件を決めた。主幹事 は日興ソロモン・スミス・バーニー証券が務めた。1日の起債としては、今年 2月にアイフルが3本、発行総額700億円の条件を決めたが、1日に1本の起 債としては過去最大規模となる。同社は17日発表した2001年3月期決算で連 結純利益が3310億円と最高益になるなど業績が回復しているほか、国内での知 名度が高いだけに投資家の関心を呼びそうだ。

法人向けとしては、東電、関電、中国電、中部電、四国電などが起債を検 討しているもよう。21日に決算発表を終えた東電は、発行額1000億円のSB を発行する計画であることを表明した。四国電は年限20年程度の超長期債を検 討している。今年に入ってからの20年債は、JR東日本債、営団地下鉄債、中 国電力債の3本にとどまっているだけに、債券相場と四国電の動向が注目され る。同社が20年債を発行すれば、98年10月末の募集以来となる。

一方、消費者金融大手のアイフルが年限7年程度の法人向け債を検討して いるもよう。同社は今年に入ってから総額1550億円のSBを発行しているが、 ほとんどが個人向け債で年限は5年。今回は年限が7年程度の法人向けとみら れる。低金利の運用難のなか多少年限が長くても、表面利率が少しでも高いア イフル債への需要は強いようだ。

BNDES、アフラック、南アフリカに注目

サムライ債市場では、ブラジル国立経済社会開発銀行が今月中にも条件を 決める見通しだ。主幹事は野村証券(事務)と国際証券が共同で務める。今年 に入ってから、クロアチア債、ブラジル共和国債などがいずれも増額発行とな っているうえ、22日には日産自動車が総額700億円の個人向け債の発行条件を 決めているだけに、今回も共同主幹事がどこまで需要を積み上げるかが関心を 集めそうだ。

南アフリカ共和国も近く発行条件を決めると予想される。主幹事は大和証 券SMBCと野村証券が共同で務めるもよう。南アフリカ共和国は、95年6月 に日本市場で第1回債300億円(5年債)を起債したのに続き、97年6月にも 400億円(7年債)を募集した実績がある。主幹事はいずれも大和証券が務め た。今回、発行が実現すれば同国にとって4年ぶりの日本市場への復帰となる。

そのほか、米国の保険会社アフラックが昨年に続き、日本市場で2回目の 起債に臨む見通しだ。主幹事は日興ソロモン・スミス・バーニー証券とゴール ドマン・サックス証券が共同で務めるとみられ、今週中にも発行条件が決まる 公算が高い。外国企業で初めてユーロ円債を発行した米国の名門企業ダウ・ケ ミカルもサムライ債の募集に踏み切る見通しだ。主幹事はみずほ証券と東京三 菱証券が共同で務めるとの見方が有力だ。

興銀リース、住宅公庫がABS発行へ

資産担保証券(ABS)市場では、興銀リースが近くリース料債権を証券 化してABSを発行する。特定目的会社を通じて総額400億円の社債を発行す る。主幹事はみずほ証券が務める。22日に条件が決定した。

住宅金融公庫が第2回の住宅ローン債権担保証券を発行する予定だ。発行 額は500億円で、6月7日に入札を実施して主幹事、発行条件を決め、募集活 動に入る見込みだ。

東京 上野 孝司 Takashi Ueno KO --* tueno@bloomberg.net (03)3201-8696

種類別ニュ-ス:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE