コンテンツにスキップする

コロムビア:リップルウッドと資本提携、ハード事業分割(2)

日本コロムビアは9日の取締役会で、 米投資会社RHJインダストリアルパートナーズ(リップルウッド)との資本 提携を決議したと発表した。10月1日付でAV(音響・映像)・メディア関連機 器部門などのハード事業を会社分割し、新たに設立する100%出資会社「デノン」 (東京都文京区)に移管した後、 新会社の株式をリップルウッドが指定する持 ち株会社に98%、日立製作所へ2%譲渡する。譲渡価格は総額約60億円。

一方、会社分割により音楽ソフト事業に特化するコロンビアは、10月まで に2回の第三者割当増資を実施し、これをリップルウッドが主体となって設立 する持ち株会社と日立製作所に割り当てる。増資による調達資金約100億円は 債務の縮減と運転資金、経営改善のための資金需要に充当する。リップルウッ ドはコロンビアの筆頭株主として経営に参加、ソフト事業の再構築を図る。

2001年3月期の見込みでは10期連続の連結最終赤字となるコロンビアでは、 繰越損失の増大と財務体質の脆弱(ぜいじゃく)化に伴い、抜本的な企業再建 が課題となっていた。

コロンビアは、ソフト部門とハード部門を分割し、それぞれ自主的な運営 を行うことで経営資源を有効活用し、事業特性を発揮できると判断。ソフト事 業とハード事業に参加したい意向のリップルウッドとの間で資本提携およびハ ード部門を会社分割した後の新会社「デノン」の譲渡につき合意に達した。

日本コロンビアは、5時から都内で記者会見する。篠原忠彦社長らが出席 する。

東京証券取引所と大阪証券取引所は9日、コロムビア株式の売買取引を一 時停止すると発表した。期間は東証が午後2時19分から、大証が午後2時21 分からそれぞれ午後3時15分まで。

東京 林 純子 Junko Hayashi MH --*  (03)3201-3059 juhayashi@bloomberg.net

参考画面

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE