コンテンツにスキップする

米カリフォルニア州知事:発電会社に卸売電力代金の一部放棄を要請へ

米カリフォルニア州のデ ービス知事は1日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、今後数週 間のうちに発電会社の幹部と協議し、同州の送電会社向け卸売電力代金の一部 放棄を要請する考えを明らかにした。

同知事によると、ウィリアムズやリライアント・エナジー、ミラント、ダ イネジー、デューク・エナジーなど発電会社の幹部を招くことにしており、そ のほか代替エネルギーを手掛ける中小企業の幹部とも協議する。

同知事は、発電会社が送電会社への代金の一部放棄を受け入れなければ、 州政府が送電会社エジソン・インターナショナルと合意した救済策が損なわれ、 同社が破たんに陥ると訴える意向を示した。

同知事は「発電会社が電力料金の支払いを望むなら、エジソン救済策とわ れわれがPG&Eの債権団と行っている取り組みとを支援する必要がある」と 語った。

サンフランシスコ   David Ward

東京 本間 さおり Saori Honma   MK --*(03)3201-8336 sahonma@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE