コンテンツにスキップする

証券16社が高値:TOPIX1400回復、日経平均も年初来高値(2)

野村証券、新光証券、東海東京証券な ど証券16社の株価が年初来高値を更新。野村証は前週末比210円(8.05%)高 の2820円、新光証は同24円(5.61%)高の452円、東海東京証は21円(7.24%) 高の311円で取引が進んでいる。日経平均株価が1月19日の年初来高値を更新、 売買高も持ち直していることから収益回復期待が強まっている。

国際証券、つばさ証券、明光ナショナル証券、水戸証券、みずほインベス ターズ証券、丸三証券、東洋証券、光世証券、日興証券、大和証券グループ本 社、岡三証券、さくらフレンド証券、コスモ証券も高値更新。市場では「米経 済の下ぶれ懸念後退や小泉内閣への期待から日本株が持ち直して証券株も買わ れている」(小林治重・明光ナショナル証券投資情報部部長)とみている。

つばさ証と東海東京証は経営統合の報道も出た。4月27日にまとまった 2001年3月期決算は、野村証以外は減益が目立ったが、株価は今期の収益回復 への期待から高い。

TOPIX(東証株価指数)は前週末比34.60ポイント(2.53%)高の1401.6 と2000年12月12日以来の1400ポイントを回復、日経平均も同357円95銭 (2.57%)高の1万4292円27銭で推移している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面:

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE