小売業、規制緩和から1年-百貨店、スーパーに恩恵、コンビニは一部

2000年6月の大規模小売店舗立地法(通 称:大店立地法)施行からほぼ1年が経過し、都心部を中心に深夜まで営業を 行うスーパーが増えている。消費者の節約志向が強まるなか、小さくなる小売 市場のパイをめぐって過当な業態間競争を繰り広げているような印象すら受け る。小売業における規制緩和の影響について検証する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。