上場証券前期決算:株式相場低迷で軒並み減益-持ち直しの兆し(3)

上場証券20社の2001年3月期決算 が27日、出そろった。株式相場と売買高の低迷(東証1日平均売買代金は前の 期に比べて9%減の約8800億円)で減益決算が目立つが、1-3月期では相場 や売買高回復とともに、収益が持ち直す兆しもみられる。ただ、景気の先行き は依然として不透明で、株式相場とともに収益の先行きも楽観視できない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。