有線ブロード社長「申し訳ない」-初値の公募価格割れで

有線ブロードネットワークスの宇野康秀 社長は25日会見し、同社株の初値が公募価格割れとなったことについて「非常に 申し訳ない結果になった」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。