コンテンツにスキップする

日本テレコム:前期連結営業利益は予想下回る見通し―日経報道

日本テレコムの2001年3月期の連結営業 利益が、従来予想(1170億円)を下回る1150億円前後になったもようだ。前の期 の4.1倍に相当するが、これはJ-フォン3社が新たに連結子会社になったため。 25日付の日本経済新聞が報じた。

日経によると、単独の営業利益は、通話料の引き下げやマイライン(優先接続 サービス)の宣伝費などで、前の期に比べ17%減の280億円前後となり、J-フォ ン3社の営業利益も、携帯電話端末の販売代理店への手数料が増えて、予想(3社 計で1060億円)を下回った。連結売上高は、予想水準の1兆4000億円程度を確保 した。報道内容について日本テレコム広報室は「おおむね事実」としている。

日本テレコムの株価は午前、前日比6万円(2.76%)安の211万円近辺で推移 しており、NTTやKDDIに比べて、下落率が大きい展開となっている。市場関 係者からは「ある程度予想された結果。携帯電話事業で不振だったKDDIが盛り 返す中、J-フォンは相対的に厳しくなっている」(大和総研の森行真司氏)との 声が聞かれた。

東京 上野 肇 Hajime Ueno JK --* (03)3201-8926 hueno@bloomberg.net

参考画面:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE