メリルのバーンスタイン氏:米株組み入れ比率を上げ-99年以来初

米大手証券メリルリンチの主 任数量分析ストラテジスト、バーンスタイン氏は19日、投資家向けリポートで、 資産ポートフォリオの米国株の組み入れ比率を60%と、従来の40%から引き上 げるよう推奨した。利下げにより株価上昇が見込めると考えているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。