S&P:常陽銀と静岡銀を格下げ-見通しは「安定的」(2)

米国の格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は19日、常陽銀行の長期債格付けを「A-」から「BBB +」に、静岡銀行の長期債格付けを「AA-」から「A+」にそれぞれ、引き下げた と発表した。両行とも見通しは、「安定的」とした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。