コンテンツにスキップする

米国株時間外取引:IBM、アップルなどコンピューター関連株続伸

18日の米株式市場の時間外 取引では、コンピューター大手のアップル・コンピュータとIBMがアナリス ト予想を上回る決算を発表したのをきっかけに、コンピューター関連株やソフ トウエア関連株が続伸している。

IBMの株価は、ニューヨーク時間午後4時(日本時間19日午前5時)終 了の通常取引終値に比べ、一時6.31ドル高の112.81ドルを付けている。サン・ マイクロシステムズ、マイクロソフト、インテルなど大型ハイテク株も時間外 取引で軒並み高。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(運用額約7200億ド ル)の主任投資ストラテジスト、ライリー氏は「(時間外取引の動きからみて) あすの午前の取引はかなり高く始まるだろう」と語る。

株価指数先物も時間外取引で上昇している。ナスダック(店頭市場)100種先 物6月限は42.00ポイント高の1881.50。これは同指数が19日、2%高で始ま る可能性を示唆している。S&P500種株価指数先物は11.00ポイント高の

1257.20。

アップル・コンピュータは、アナリスト予想よりも小幅な減益にとどまっ たのが好感され、時間外取引で15%高の26.18ドルに上昇。同社株は昨年12月 20日の52週安値(13.63ドル)から2倍近くに値を上げている。第1四半期利 益がアナリスト予想を上回ったソフト会社のシーベル・システムズも18%高の 40ドルに急伸している。

サンフランシスコ William Selway 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo                MK --*(03)3201-7499    kshugo@bloomberg.net

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE