コンビニ株が下落、成長鈍化を懸念―前期決算は既存店売上高が低迷

セブン-イレブン・ジャパンが前日比 50円(0.55%)安の5450円まで一時下落したほか、ローソンが同120円(2.99%) 安の3900円となるなど、コンビニエンスストア株が総じて安い。2001年2月期 決算で大手7社中6社の既存店売上高が前年実績を下回るなど、成長鈍化がよ り鮮明化したため、ひとまず売り注文を出す投資家が増えたようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。