C&S:今2月期連結純利益は120億円の見通し―コンビニ2社統合

コンビニエンスストア業界中堅のサ ークルケイ・ジャパンと、サンクスアンドアソシエイツが事業統合して今年7 月からスタートする共同持ち株会社「シーアンドエス(C&S)」の2002年2 月期連結純利益は120億円と、2社の前期実績を単純合計した数値より約3割 伸びる見通しだ。両社が16日の決算発表でそれぞれ明らかにした。

連結ベースでのチェーン全店売上高は8742億円、経常利益は同232億円と 計画した。連結1株あたり利益(EPS)は167円78銭となる見通し。

今期の新規出店数は2社合計で620店となる見通し。一方、閉店数は153店 を予定。総店舗数は前期に比べて467店増の5765店に拡大する見込み。

2003年2月期のチェーン全店売上高は8.4%増の9480億円、経常利益は

12.0%増の260億円となる見通し。EPSの予想値は184円90銭。

サークルK、サンクスAAを完全子会社化

サークルKは16日、今年7月1日付でサンクスAAを株式交換により完 全子会社化すると正式発表した。

東京 鷺池秀樹 Hideki Sagiike HS --* 03-3201-8293 hsagiike@bloomberg.net

参考画面: サークルケイ・ジャパンの株価チャート:7437 JP <Equity> JQ、GP サンクスアンドアソシエイツの株価チャート:7557 JP <Equity> JQ、GP

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE