富士通、日本無線:W-CDMA方式の無線技術開発で新会社設立

富士通と日本無線は11日、次世代移 動通信端末向けの無線技術に関わる新会社を設立したと発表した。携帯端末の 無線コア部分に用いるハードとソフトを開発する。両社は近くサービスが始ま るW-CDMA(広帯域符号分割多元接続)方式の移動通信端末を国内外に供 給する計画で、技術やノウハウを持ち寄って開発速度を上げる狙いだ。

新会社の名称は「エフ・ジェイ・モバイルコア・テクノロジー」。資本金は 1億円で、富士通が70%、日本無線が30%を出資する。今月末にも本格的に業 務を開始し、今期の売上高として17億円を目標とする。

富士通株は前日比34円(2.19%)高の1590円で11日午前の取引を終えた。 日本無線は同5円(0.68%)高の736円。

東京 山口義正 Yoshimasa Yamaguchi SH --*(03)3201-7298 y.yamaguchi@bloomberg.net

参考画面:

企業ニュース:JBN18、NI KIGYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE