コンテンツにスキップする

CSFB:欧州通信株の投資判断を「中立的」に引き上げ-1年ぶり

クレディ・スイス・ファースト・ ボストンは10日、欧州通信株の投資判断を1年超ぶりに「アンダーウェイト」 から「ニュートラル(中立的)」に引き上げた。

同社の株式ストラテジスト、マックマン氏は「通信企業の収益の減少傾向 は収まり始めている」とし「投資の分担やインフラの共有という、通信企業を めぐる朗報が若干、増えていることを示す兆候が一時的に表れている」と指摘 する。

ドイツテレコムなど欧州の通信企業は昨年、次世代携帯電話システムの事 業免許を落札するために約900億ポンドを投じた結果、時価総額は半分以下に 縮小している。通信企業は次世代携帯電話システム構築のため、通信機器メー カーから融資を受けている。

ロンドン       John Fraher 東京 本間 さおり Saori Honma TY --*(03)3201-8336 sahonma@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE