コンテンツにスキップする

米パソコンメーカーの1-3月期決算見通し:軒並み減益へ

ニューヨーク 4月9日(ブル-ムバ-グ):コンパック・コンピューター、 ヒューレット・パッカード(HP)、デルコンピュータ、ゲートウェイなど米パ ソコンメーカー各社が発表する1-3月期決算は、法人・個人向けとも売り上 げが伸び悩むなか、減益となる見通しだ。

調査会社ファースト・コール・トムソン・ファイナンシャルがまとめたア ナリスト予想によると、業界最大手コンパックの1株当たり利益は13セント(前 年同期は16セント)と減少する見通し。同社は3月、同四半期の売上高が90 億-92億ドルに落ち込んだ可能性があるとの見方を示している。

法人向け販売を強みとするデル、コンパックなどは減益幅が数セント程度 にとどまるが、個人用パソコンの占める割合が高いゲートウェイやアップル・ コンピュータは、より大幅な減益が予想されている。

また景気鈍化の影響が少なくとも、あと1四半期続く可能性が高いため、 一段の悪材料が示されるかもしれないとみる向きもある。ドレイファスのファ ンドマネジャー、グリスキー氏は「現在の経済環境が長引くなら、予想は高す ぎる」と指摘する。

各社の1株当たり利益のアナリスト予想平均は以下の通り:

社名 1-3月期予想 前年同期実績 コンパック 13セント 16セント デル 17セント 19セント ゲートウェイ ▲1セント 41セント HP 35セント 44セント アップル 2セント 44セント

ロサンゼルス Peter J. Brennan サンフランシスコ Jim Finkle ニューヨーク 須藤 安見子 Amiko Sudo TY --* (212)893-3701 asudo@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE