コンテンツにスキップする

米ヤフーの第1四半期決算見通し:赤字転落へ-12日未明に発表

ニューヨーク 4月9日(ブル-ムバ-グ):インターネット検索最大手の 米ヤフーが11日の取引終了後(日本時間12日未明)に発表する第1四半期決 算は、広告収入の減退が響き、純損益が赤字となる見通しだ。

同社は先月、買収関連などの特別支出計上前の実質ベースで収支トントン を見込むことを明らかにしている。前年同期は6330万ドル(1株当たり10セ ント)の黒字だった。市場関係者らは、特別支出計上後の純損益は赤字転落す ると予想している。

景気鈍化に伴い広告収入が細っていることから、ヤフーやウォルト・ディ ズニー、ニューズなどメディア業界が打撃を受けている。ヤフーの広告主はド ット・コム企業が多いため、これら企業の現金不足や経営破たんが直撃した形 だ。

ジェフリーズのアナリスト、モラン氏は「第1四半期決算が悪化したかど うかよりも、経営陣が年内の見通しについて自信を示すことができるかどうか の方が重要だ」と指摘する。

ヤフーのデッカー最高財務責任者(CFO)は3月、不安定な景気見通し を理由に、通年決算について具体的な数字を明らかにせず、「収支トントンの達 成を目指す」と述べるにとどめている。同社は、第1四半期の売上高は1億7000 万-1億8000万ドルを見込んでいる。前年同期は2億2840万ドルだった。

サンフランシスコ Adam Steinhauer ニューヨーク 須藤 安見子 Amiko Sudo TY --* (212)893-3701 asudo@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE