証券株が軒並み安:日本株下落、TOPIX1300割れ-利益確保先行

証券会社の株価が軒並み安で取引を開 始した。野村証券が前週末比90円(3.56%)安の2440円と6日ぶりに反落、 大和証券グループ本社は同45円(3.40%)安の1278円、日興証券は34円(3.56%) 安の921円とともに5日ぶりに反落して取引を開始した。米国株式相場の下落 を受けて日本株が大きく下落して取引が始まっており、先週の値上がりの利益 を確保する売り注文が先行して取引を開始したもよう。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。