コンテンツにスキップする

証券株軒並み高:TOPIX2カ月ぶり一時1300ポイント-売買膨らむ

証券会社の株価が軒並み高い。野村 証券は前週末比15円(0.65%)高の2310円、大和証券グループ本社は同40円 (3.58%)高の1156円、日興証券は21円(2.55%)高の846円など上場証券 20社全社が上昇して取引を開始した。日本株が連日で上昇して売買高も膨らみ、 ひとまず一段の収益悪化懸念は後退したとの見方が広がっている。

市場では、「米国株がひとまず下げ止まり、日本では日銀が量的緩和に踏み 切ったことで日本株の下ぶれ懸念がいったん遠のいている」(小林治重・明光ナ ショナル証券投資情報部部長)とみている。これを受けて証券株には取引開始 から買い注文が先行し、売買高も野村証が243万株と東証1部17位、大和証が 181万株と同25位、日興証は159万株と膨らんでいる。

値上がり率では明光ナ証18円(7.83%)高の248円、丸三証券33円(6.48%) 高の542円、いちよし証券30円(6.52%)高の490円などが目立つ。

TOPIX(東証株価指数)は一時1月31日以来ほぼ2カ月ぶりに1300 ポイントを回復、16.54ポイント(1.29%)高の1298.14ポイントで推移してい る。東証平均株価(日経平均)は197円10銭(1.49%)高の1万3411円64銭。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面: 野村証券のインターネット、ホームページ :8604 JP <Equity>CWP

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE