コンテンツにスキップする

チューリッヒ・ファイナンシャル:2001年減益見通し発表-株価急落

スイスの保険大手チューリッ ヒ・ファイナンシャル・サービシズは22日、経費削減や業績不振部門の売却に 難航しているため、2001年は減益になるとの見通しを示した。同社は「ことし も厳しい環境」だとして、再保険部門のスピンオフ(分離・独立)と人員削減 を行う計画も明らかにした。

22日のスイス株式市場では減益見通しなどが嫌気され、同社株は一時、前 日比148スイス・フラン(22%)安の540スイス・フランと、過去12年間で最 大の下げを記録した。

クレリカル・メディカル・インベストメント・グループで約330億ポンド (470億ドル)の運用に携わるデンハム氏は「衝撃的なニュースだ。チューリッ ヒ・ファイナンシャルの業績が改善し、収益の悪化を抑えることができると確 信できるまでは同社株は買えない」と語る。

同社によると、2000年利益は投資損益を除いたベースで前年同期比5.5% 減の21億ドル(1株当たり41.66ドル)。2001年は、米国の景気減速やドル高、 投資利益の減少が響き、18億-20億ドルに減少する見通し。

原題:Zurich Financial Says Profit Falls, Plans Unit Sales (Update2)(抜 粋) 記者:チューリヒ Daniel Huegli 翻訳:東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo TY --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE