コンテンツにスキップする

証券株急落:株価1万1500円割れ-野村、大和など売り気配で安値更新

証券株が急落。野村証券が前日比180 円(9.49%)安に当たる1716円の売り気配、大和証券グループ本社は同70円 (6.95%)安に当たる937円の売り気配、日興証券は60円(8.38%)安に当た る656円の売り気配でいずれも昨年来安値を更新した。日経平均やTOPIX (東証株価指数)が急落するなか収益悪化懸念が広がり、売り注文が殺到して いる。

政府・与党は15日、緊急経済対策本部の初会合を開き、与党3党の打ち出 した「緊急経済対策」の項目ごとの早急な実施を表明したが、市場では、「強力 なリーダーシップが欠けるなかで実現性を期待しにくい」(小林治重・明光ナシ ョナル証券投資情報部部長)との見方が支配的。

このなか日本株の急落につられて証券株に売り注文が殺到している。上場 証券20社の株価はすべて下落、野村証は2000年1月以来1年2カ月ぶりの安 値更新となった。日経平均株価は前日比382円91銭(3.32%)安の1万1460 円68銭で推移している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面: 野村証券のインターネット、ホームページ :8604 JP <Equity>CWP

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE