コンテンツにスキップする

米国株【個別銘柄】:東京三菱銀、ネクステル、ワールドコムなど

14日の主な銘柄は以下の通り。

アメリカン・エキスプレス(アメックス)(AXP):3.15ドル(7.6%)安 の38.48ドル。プルデンシャル・セキュリティーズのアナリスト、ボール氏は、 金融・旅行サービスのアメックスの投資判断を「ホールド」とした。

東京三菱銀行(MBK):米国預託証券(ADR、普通株1株に相当)は1.03 ドル(11%)安の8.51ドル。格付け機関のフィッチIBCAは、不良債権問題 と日経平均の下落を理由に、東京三菱銀行を含む邦銀19行の個別財務格付けを 引き下げ方向で見直すと発表した。

チャイナドットコム(CHINA):38セント(11%)安の3.03ドル。香 港のウェブサイト大手、チャイナドットコムは、第4四半期の損益は1株当た り1.30ドルの赤字になったと発表した。ブルームバーグ・ニュースが3人のア ナリストを対象にまとめた予想では1株当たり71セントの赤字が見込まれてい た。チャイナドットコムは第1四半期の売上高は鈍化するとの見通しを示した。

CMGI(CMGI):63セント(16%)安の3.28ドル。インターネット 投資会社CMGIは、一部の資産を償却した結果、2001年度第2四半期(2000 年11月-2001年1月)の損失が1株当たり7.86ドルに拡大したことを明らか にした。前年同期の赤字は1株当たり74セントだった。

ネクステル・コミュニケーションズ(NXTL):5.81ドル(28%)安の

14.63ドル。携帯電話のネクステル・コミュニケーションズは、第1四半期決算 は法人顧客の設備投資削減やコスト上昇で打撃を受けるとの見通しを明らかに した。

ワールドコム(WCOM):1.25ドル(8.2%)高の16.44ドル。ソロモン・ スミス・バーニーのアナリスト、グラブマン氏は、長距離通信のワールドコム のデータやインターネット・サービスを手掛ける部門について、2001年の売上 高見通しを上方修正した。

(銘柄名の後はティッカー・シンボル。株価は終値。マネーフロー分析:1 万株未満の小口取引を基に個別銘柄の資金の流出入量を示した。マネーフロー は通常、価格上昇時にプラスに、価格下落時にマイナスとなるが、マネーフロ ーと価格のトレンドが相反する場合は、将来、価格トレンドが転換するシグナ ルとなる可能性がある)

原題:U.S. Equity Movers Final: AudioCodes, CMGI, Duratek, WorldCom

(抜粋) 記者:プリンストン      Rosland Briggs Gammon

翻訳:東京   本間 さおり Saori Honma        AK --*(03)3201-8336 sahonma@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE