コンテンツにスキップする

日本株【個別銘柄】:富士写、ヤフー、リキッド、熊谷組、自動車株

8日の主な銘柄は次の通り。

富士写真フイルム(4901):390円(8.7%)高の4860円と続伸。同社は6 日、米ゼロックスと折半出資していた富士ゼロックスへの出資比率を引き上げ、 連結子会社とすることを発表。富士ゼロックスを子会社化することで、成長が 見込まれるデジタル関連事業が強化されるとの期待が強まった。

テルモ(4543):85円(4.1%)安の1990円と反落。98年5月20日以来、 約2年9カ月ぶりに2000円割れとなった。2001年3月期連結営業利益が前期比 2%減になる見通しとの一部報道を受けた。報道内容は会社側の事前の予想通 りだが、改めて業績の伸び悩みが懸念された格好だ。

不二越(6474):7円(4.2%)高の172円と3日続伸。同社とダイヘンは 7日、産業用ロボット事業の開発、調達、販売面などで包括的な業務提携をす ると発表、これを受けて市場では買いが先行したようだ。

ヤフー(4689):80万円(12.2%)安の575万円と大幅安。一時100万円 (15.2%)安の555万円とストップ安(制限値幅いっぱいの下落)となった。 米ヤフーが業績見通しを下方修正し時間外取引で急落したことから、日本のヤ フーの業績や株価見通しに対しても、慎重な見方が広がった。

リキッドオーディオ・ジャパン(4740):2万4000円(10.9%)安の19万 6000円と大幅反落。日本たばこ産業(JT)の子会社幹部に暴行を加えたとし て、警視庁捜査4課と渋谷署が7日、前社長の大神田正文被告(32)=逮捕監 禁罪などで起訴=らを逮捕したことから、同社への影響を懸念する見方が市場 では広がったようだ。

電力株:東京電力(9501)が45円(1.6%)安の2735円、関西電力(9503) が31円(1.6%)安の1903円など下落。2010年度までの電力需要の伸び率が

1.5%と、過去最低水準にとどまるとの見通しが示されたことなどから、最近の 上昇を受けた利益確定の売りが入ったようだ。

エイベックス(7860):160円(2.2%)高の7260円と3日続伸。8日付の 日本経済新聞で、浜崎あゆみのアルバムが好調で同社の2001年3月期の連結純 利益が前期比9%増の65億円となると報じられ、過去最高益の達成に期待が高 まった。

日立工機(6581):9円(2.3%)高の387円と続伸。株価水準が低いバイ オ関連株として、個人投資家などから買いを集めた。

熊谷組(1861):11円(18.0%)高の72円と大幅反発。金融機関を主要相 手先とした総額200億円の第三者割当増資の実施が決定したため、経営再建の 進展につながるとみられた。上昇率は東証1部で第3位。

川鉄情報システム(4832):東京証券取引所第2部に新規上場。初値は92 万円と、公募価格105万円を12.3%下回った。新規上場銘柄の初値が公募価格 を割り込んだのは今年初めて。終値は82万円。

オープンループ(4831):同社は2日、大証ナスダック・ジャパンに新規上 場した。上場5日目のこの日は、一時32万円(14.4%)高の255万円を付け、 公募・売り出し価格(33万円)の7.7倍に達した。携帯電話の普及などから注 目される情報セキュリティ技術の開発を手掛けていることから、成長が期待さ れた。終値は8万円(3.5%)安の215万円と下げた。

沖電気工業(6703):28円(5.0%)高の586円と3日続伸。2001年3月期 決算で、半導体事業の好調が寄与したほか、円安効果もあったことから、ほぼ 計画通りの増収増益を確保できる見通しと伝えられ、評価されたようだ。

自動車関連株:自動車メーカーの株価が軒並み上昇。外国為替相場で円が ドルに対し下落していることから、来期の収益拡大への期待感が市場では強ま ったようだ。トヨタ自動車(7203)が20円(0.4%)高の4070円、ホンダ(7267) が260円(5.7%)高の4760円、日産自動車(7201)が37円(5.0%)高の772 円、マツダ(7261)が27円(9.6%)高の307円、富士重工業(7270)が19円 (2.3%)高の832円。日産自の売買高は、東証1部トップ。

銀行株:みずほホールディングス(8305)が9000円(1.3%)高の69万1000 円、さくら銀行(8314)が8円(1.1%)高の678円、東京三菱銀行(8315)が 12円(1.0%)高の1187円、三和銀行(8320)が4円(0.4%)高の888円など 銀行株が、いずれもこの日の高値に比べ、急速に伸び悩んだ。積極的な売り買 いが手控えられるなか、株価の下落を見込んで調達した貸し株を売却していた 投資家の買い戻しが先行。しかし、銀行の不良債権の最終処理促進策や緊急経 済対策の内容を見極めたいとの見方などから、売り注文も増えたようだ。

三井化学(4183):8日付の日本経済新聞で、同社の2001年3月期の連結 営業利益が前期比横ばいの550億円にとどまる見通しと報じられ、会社予想を 70億円下回ることから業績悪化懸念が強まり、一時5円(1.0%)安の480円と まで下落。連結純利益は、会社側予想を50億円下回り、前期比6%増の170億 円になるという。終値は2円(0.4%)高の487円と上げた。

NTTデータ(9613):2万5000円(3.9%)安の61万2000円。8日付の 日本経済新聞は、同社と野村総合研究所がインターネットを使った各社の金融 サービスを統合して利用できる新しいサービスの会社を共同で設立すると報じ たが、株価の支援材料にはならなかったようだ。

東京ドーム(9681):同社が7日、後楽園ゆうえんち(東京都文京区)の北 側再開発計画の概要を発表したことを好感して買われ、一時4円(0.9%)高の 413円まで上昇した。終値は5円(1.2%)安の404円と安く引けた。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki TU --* (03)3201-8312 mshiraki1@bloomberg.net

参考画面: 企業ニュース:JBN18 熊谷組 1861 JP <Equity> CN 三井化学 4183 JP <Equity> CN テルモ 4543 JP <Equity> CN ヤフー 4689 JP <Equity> CN リキッドオーディオ・ジャパン 4740 JP <Equity> CN オープンループ 4831 JP <Equity> CN 川鉄情報システム 4832 JP <Equity> CN 富士写真フイルム 4901 JP <Equity> CN 不二越 6474 JP <Equity> CN 日立工機 6581 JP <Equity> CN 沖電気工業 6703 JP <Equity> CN 日産自動車 7201 JP <Equity> CN トヨタ自動車 7203 JP <Equity> CN マツダ 7261 JP <Equity> CN ホンダ 7267 JP <Equity> CN 富士重工業 7270 JP <Equity> CN エイベックス 7860 JP <Equity> CN みずほホールディングス 8305 JP <Equity> CN さくら銀行 8314 JP <Equity> CN 東京三菱銀行 8315 JP <Equity> CN 三和銀行 8320 JP <Equity> CN 東京電力 9501 JP <Equity> CN 関西電力 9503 JP <Equity> CN NTTデータ 9613 JP <Equity> CN 東京ドーム 9681 JP <Equity> CN

日経平均株価のグラフ: NKY <INDEX> GIP TOPIXの終値のグラフ: TPX <INDEX> GIP 売買高上位企業一覧: MOST T1、MOST T2、MOST JQ 金融市場のニュース: NI JMALL

日経平均株価の値動きに最も影響を与えている銘柄一覧:NKY <INDEX> MOV

業界ニュース :JBN17 金融市場のニュース:NI JMALL

株式ニュース 株式全般 :NI STK 日本語株式 :JBN2 個別企業 :NI KOBETSU

金融市場のニュース:NI JMALL 日本語ニュース :NH JBN 日本語メニュー :JBN

地域別ニュース: 日本 NI JAPAN アジア NI ASIA

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE