コンテンツにスキップする

東燃ゼネラルが大幅続伸、自社株買いや増益傾向を好感か

米エクソンモービルグループの東燃ゼ ネラルが大幅続伸し、前日比65円(10.08%)高の710円。一時725円まで買 われ、昨年12月半ば以来の高値となっている。引き続き自社株取得などが好感 されているもようだ。

野村証券の塩田英俊アナリストは、今回の決算などを通じて、石油業界に おける東燃ゼネラルの競争力の強さが再確認されたとしている。野村証券金融 研究所によると、東燃ゼネラルの2000年12月期の合算実質連結営業利益(旧 東燃の上期決算を加えたもの)は28%増の325億円で、このうち主要な要因は 約115億円のコスト削減効果。2001年度は425億円を予想している。また同社 は600億円を上限とする自社株取得を発表しており、大型株ではないことを考 えると、「直接的な需給へのインパクトがある」とみている。

塩田氏はこうした一方、エクソンモービルマーケティングが、不採算店の 整理一巡を受けて3-3.5%の増販方針を示したことから、今後の同社による販 売動向および末端製品市況に注目している。

東京 藤元 茂 Shigeru Fujimoto MH --*03-3201-8353 sfujimoto@bloomberg.net

参考画面: 東燃ゼネラル石油の株価チャート 5012 JP <Equity>GP

企業ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE