コンテンツにスキップする

証券株が軒並み安:収益回復遅れ懸念-日経平均一時1万2500円割れ

証券会社の株価が軒並み安い。野村証 券は前日比50円(2.17%)安の2250円、大和証券グループ本社は同26円(2.43%) 安の1043円、日興証券は9円(1.06%)安の842円など上場証券20社中16社 の株価が下げている。日経平均が連日でバブル崩壊後の最安値を更新するなど 日本株低迷が深刻になっていることから収益悪化か懸念が強まっている。

市場では、「日経平均が節目の1万2500円を一時下回ってくるなど株式相 場の低迷色が強まっており、相場に連動する格好で証券株も下げている」(みず ほインベスターズ証券エクイティ部トレーダー)とみている。証券株は昨年来 安値を更新した銘柄はないが前日比変わらずが3社、唯一マネックス証券が前 日比100円(0.19%)高の5万2800円と上昇している。

TOPIX(東証株価指数)も下落しているが、1200ポイント台で推移し ており、バブル崩壊後の最安値から2割前後高い水準で推移している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面: 野村証券のインターネット、ホームページ :8604 JP <Equity>CWP

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE