日本株【個別銘柄】:日本ファウン、シークス、三井金、THKなど

20日の主な銘柄は次の通り。

日本ファウンドリー(6939):14万5000円(13.6%)安の91万5000円。同 社が19日発表した2001年12月期の経常利益は前期比20%減の96億円と減益 となることなどから、今後の業績に対する懸念が高まっている。下落率は店頭 株式市場第2位。

シークス(7613):200円(15.7%)高の1470円とストップ高(制限値幅い っぱいの上昇)と買い気配。液晶モジュールの拡大などで前期業績は従来計画 を大幅に上回ったと発表したため、今期もさらに収益を伸ばすとみられた。

三井金属(5706):49円(6.9%)高の756円と反発。20日付の日本経済新 聞で、同社の2001年3月期の連結純利益が前期比9%増の155億円となる見通 しである、と報じられ、会社側予想の150億円を上回ることから、業績拡大が 期待されている。

THK(6481):170円(6.3%)高の2870円と大幅反発。26日に店頭市場 から東京証券取引所第1部に直接上場することが決定したため、新たな投資家 の買いとそれによる株式の流動性向上が見込まれている。

ケーズデンキ(8282):店頭市場から東京証券取引所第2部に上場。東証初 値は1790円と、19日の店頭終値1800円から0.5%下落した。前場終値は1795 円。

日立情報システムズ(9741):110円(3.2%)高の3460円と上昇。同じ日 立グループの日立情報ネットワーク(未上場)との合併を発表したため、事業 拡大と競争力強化につながるとみられた。

三菱自動車工業(7211):11円(3.1%)安の340円。2001年3月期の連結 決算で2000億円超の当期純損失を計上するとの一部報道が売り材料となってい るようだ。

ライオン(4912):4円(0.9%)高の418円。19日に発表した2000年12 月期業績は、商品価格の下落などから小幅な減収、経常減益となった。ただ、 商品価格の下げ止まり傾向から2001年12月期の会社計画は達成可能とみられ、 安心感が広がっている。

住友ベークライト(4203):23円(2.4%)高の968円と続伸。20日付の日 本経済新聞は、同社の2001年3月期の連結純利益が前期比4割増の125億円に なる見通しだと報じた。市場では、半導体市況が悪化する中、同社の業績の堅 調さが好感されたようだ。

オークネット(9669):55円(1.8%)安の2860円。同社が19日に発表し た2000年12月期の決算では、経常利益、当期利益、売上高いずれも会社側予 想を下回ったうえ、2001年12月期は減益となることから、今後の成長率の鈍化 が懸念されている。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki TU --* (03)3201-8312 mshiraki1@bloomberg.net

参考画面: 企業ニュース:JBN18 住友ベークライト 4203 JP <Equity> CN ライオン 4912 JP <Equity> CN 三井金属 5706 JP <Equity> CN THK 6481 JP <Equity> CN 日本ファウンドリー 6939 JP <Equity> CN 三菱自動車工業 7211 JP <Equity> CN シークス 7613 JP <Equity> CN ケーズデンキ 8282 JP <Equity> CN オークネット 9669 JP <Equity> CN 日立情報システムズ 9741 JP <Equity> CN

日経平均株価のグラフ: NKY <INDEX> GIP

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE