監視委:UBS証、コメルツ証の法令違反で処分勧告-午後発表へ(2)

証券取引等監視委員会は16日午後に も、スイス銀行大手のUBSグループのUBSウォーバーグ証券とコメルツ証 券のそれぞれ複数の従業員が証券取引上の法令に違反したとして、金融庁など に対して処分を勧告する。金融当局の複数の関係者が同日明らかにした。金融 庁は勧告に基づいて各証券会社、またそれらの個人に対する処分を検討する。

金融当局の担当者によると、金融庁は昨年8月からUBSウォーバーグ証 に対して通常検査を実施していたが、これに加わる形で監視委は昨年11月に抜 き打ち検査に入っていた。また監視委はコメルツ証に対しても昨年12月から検 査を行っていた。

UBSウォーバーグ証の広報担当者は、今のところ検査結果などについて 報告を受けていないとしている。一方、コメルツ証の広報担当者は、当局から 検査結果についての報告は受けていないものの、2人の従業員が当局の検査に 応じていたことを明らかにした。

監視委は証券会社やその個人が犯した法令違反などについて、1992年以降 これまでに165回の勧告を実施。大半のケースで金融庁はその後の処分などに 動いている。

外資系の証券会社では、ビー・エヌ・ピー証券が証券取引における顧客の 損失隠しに関与したなどとして2000年6月に7日間の国債入札停止処分となっ たほか、クレディ・リヨネ証券も同5月に1週間の取引停止処分を受けた。野村 アセットマネジメントに対しても昨年末に行政処分を決めている。

東京 平野 和 Kazu Hirano

日向貴彦 Takahiko Hyuga KO --*03-3201-3220 khirano1@bloomberg.net

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE