コンテンツにスキップする

米ネット通販業者、クリスマス明けバーゲン実施-在庫一掃と資金確保

今年のクリスマス商戦は 米ネット通販業者にとって明暗を分ける結果となったが、がん具のEトイズな ど各社は25日、クリスマス明けに売れ残り商品の一掃を目指して最大75%の値 下げを行うことを明らかにした。

がん具販売のKBキッズ・ドット・コムやスマーターキッズ・ドット・コ ムは、キックボードやバービー人形の値下げ販売を行う。ネット通販最大手の アマゾン・ドット・コムは28日に値下げ商品のウェブサイト、アマゾン・ドッ ト・コム・アウトレットを開設する計画だ。また、小売りのブルーライト・ド ット・コムは26日から、最大70%の値下げに踏み切るとしている。

ネット通販業者のクリスマス商戦での売上高の伸びは、アナリスト予想に 届かなかった可能性がある。在庫処分に向けた値下げに踏み切る業者もあれば、 店舗を構える伝統的な小売業者傘下のネット通販業者を中心に、ショッピング センター内の店舗と足並みをそろえてバーゲンを企画する業者もある。

ブルーライト・ドット・コムの広報担当者、カーレーカー氏は「他の小売 業者と同様、わが社も春物商品を投入するために在庫を処分する必要がある」 とし、「在庫の大幅な積み増しが必要なのは年に2カ月半から3カ月間だけだ」 と語った。同社はディスカウント小売りのKマートとソフトバンク・ベンチャ ー・キャピタルとの合弁会社。

インターネット検索サービス最大手のヤフーは、昨年よりも値下げ販売を 行う業者が増えたことを一因に、26日からクリスマス明けバーゲン用のページ を開設する。広報担当者のダルスキー氏によると、同ページには衣料小売りの ギャップや書籍のバーンズ・アンド・ノーブルなどが出店する予定。

同氏は「今年は、小売業者がオンライン上の業務とそれ以外の業務を統合 しようとする動きがみられた」と指摘する。

調査会社ビズレート・ドット・コムによると、今年の11月20日から12月 17日までのネット通販業者の売上高は47億4000万ドルとなり、前年同期比で 49%拡大したが、同社が見込んでいた81%の増加には届かなかった。

調査会社フォレスター・リサーチの調査部門責任者、マックイビー氏は、 事業継続のための資金を必要とする企業にとって、在庫一掃セールを実施する ことは極めて重要だと指摘する。過剰な在庫を抱える企業は投資家の支持を得 られない可能性があるためだ。

原題:Internet Retailers Shift From Holiday Focus to Clearance Sales (抜 粋) 記者:サンフランシスコ Greg Wiles

翻訳:東京 本間 さおり Saori Honma na (03)3201-8336 sahonma@bloomberg.net

企業別ニュース: AMZN US <Equity> CN BNBN US <Equity> CN KM US <Equity> CN ETYS US <Equity> CN SKDS US <Equity> CN GPS US <Equity> CN

種類別ニュース: 企業関連 NI COS、NI JFCO テクノロジー NI TEC 電子商取引 NI ECOM インターネット NI INTERNET 小売業 NI RET トップ・ニュース NI TOP、TOPKAGAI 消費者製品 NI CONS がん具 NI TOY フィーチャーズ NI FEA

地域別ニュース: 米国 NI US

日本語ニュースのヘッドライン:NH JBN 日本語ニュース:JBN 海外全ニュース:NI JFALL (NI JAPAN, NI ASIA)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE