コンテンツにスキップする

米企業幹部の自社株売却、上期は68%増の365億ドル‐過去最高

米企業幹部の自社株売却が上 期は前年同期比68%増の365億ドルと、過去最高を記録した。パソコンソフト 最大手マイクロソフトの幹部の売却が顕著で、同社の株価が年初以降、約30% 下落するなか、同社共同創業者のポール・アレン氏は40億ドル相当の株式を売 却した。調査会社ワシントン・サービスによると、アレン氏や共同創業者のビ ル・ゲイツ会長などマイクロソフト幹部による同社株売却は、内部関係者によ る売却の12%を占めたと。

企業幹部や役員、大口個人投資家など内部関係者による今年上期の購入額 は同36%減の13億4000万ドル。ナスダック(店頭市場)総合株価指数が過去 4カ月で22%下落したにもかかわらず、自社株売却のペースは2年ぶりの高水 準に加速し、内部関係者の売却が続いている。

企業幹部の株式売買について調査するビッカーズ・ウィークリー・インサ イダー・リポートの編集長、コールマン氏はこうした傾向について、「危険信号 であることは明白だ」と述べ、「株式相場の地合いは弱い」と語る。

マイクロソフト以外では、パソコン直販のデルコンピュータやゲートウエ イ、ネットワーク機器のシスコシステムズ、インターネット通販のアマゾン・ ドット・コムなどの幹部による大口売却が目立った。

原題:U.S. Insider Sales Surge 68% to $36.5 Bln in 1st Half (Update2) (抜 粋) 記者:アトランタSteve Matthews 526-9553 翻訳:東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo MK

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE