米経済コラム:メリルリンチの「変身」

米証券大手メリルリン チは、インターネット関連銘柄を中心に組み入れた新しい投資信託の設 定を米証券取引委員会(SEC)に申請した。同社の投資信託は昨年、 資金が純流出となっており、現在最も人気を集めているインターネット 株ファンドをてこに巻き返しを図る意向だ。

同社広報担当のウォルトン氏によると、このファンドは「インター ネット・ストラテジーズ・ファンド」で、同社の「グローバル・テクノ ロジー・ファンド」のファンドマネジャー、ポール・ミークス氏が運用 チームを率いる。14日に申請しており、今年3月に設定される見通しだ。

新ファンドは主に「ビジネス戦略の一環としてインターネットの活 用を考える発行体の株式」に投資する方針だという。

メリルは最近、成長株ファンドの拡充に努めている。ここ数カ月だ けでも、複数のファンドマネジャーを新たに採用したり、指数連動型投 信部門の設立に多額の資金を投じたほか、新ファンド設定で成長株を重 視する投資戦略に軸足を移して顧客獲得を目指している。

投信コンサルタント会社ファイナンシャル・リサーチ(FRC)に よると、メリルリンチの資産運用部門、メリルリンチ・アセット・マネ ジメントの株式投信と債券投信(計80本)の1999年11月末現在の運用 資産は712億ドル。1月から11月までに119億ドルの資金が流出してい る。

メリルはインターネット株ファンドの設定で、同種ファンドの爆発 的な成長にあやかりたい考えだ。昨年10月1日に1750万ドルでスター トしたゴールドマン・サックスの「インターネット・トールキーパー・ ファンド」は、12月半ばには10億ドルを突破した。

膨らむインターネット株投信

FRCのまとめによると、米国内株式投信の資産残高は99年1―11 月に19.4%増加した、この間、インターネット株投信の資産は1700%近 く伸びている。しかし、メリルは国内株商品の73%を割安株に投資して いた。

FRCのアナリスト、ブラウン氏は「これは大きな問題だ」とし、 「同様の問題が多くの証券会社で広く見られる。各社の商品は割安株に 投資する運用手法が主流だ」と指摘する。

同氏によれば、メリルのように資産の保全を重視する保守的な富裕 層を顧客に持つ会社は割安株や債券に重点投資する傾向にあり、成長株 やテクノロジー関連を主力とするジェイナス・キャピタルなどと比べる と運用成績は劣る。

オフショア・ファンド

メリルのウォルトン氏によると、同社が今回の新ファンド設定を決 めた背景には、昨年11月設定のオフショア・ファンド「インターネット・ ストラテジー・ポートフォリオ」の成功がある。ミークス氏率いる運用 チームが担当した同ファンドの運用資産は10億ドルを突破しており、昨 年12月31日までに48.2%増加したという。

だが、理由はそれだけではない。「インターネットは単なる短期的な 取引の対象以上のものだという当社の見解による部分の方が大きい」(ウ ォルトン氏)ためだ。「インターネットは世の中の仕組みを根本的に変え る社会の大きな変革のうねりであり、長期的にみて多大な投資収益力を 秘めていると考えている」のだ。

99年11月30日現在のインターネット・ストラテジー・ポートフォ リオの組み入れ上位5銘柄は、ソフトバンク、アメリカ・オンライン(A OL)、ヤフー、シスコ・システムズ、クアルコム。 (キャシー・オドンネル)

原題:Merrill to Offer Internet Stock Fund: Mutual Funds (Update1) 記者:ボストン Kathie O'Donnell 翻訳:東京 飯村 育子 Ikuko Iimura (03)3201-8343 MK

メリルリンチ MER US <Equity> CN AOL AOL US <Equity> CN シスコ CSCO US <Equity> CN ヤフー YHOO US <Equity> CN クアルコム QCOM US <Equity> CN

種類別ニュース: 証券 NI SCR 企業・産業 NI COS NI JFCO 投信 NI FND 投信の資金流入 NI FLOWS 金融 NI FIN 投信コラム NI FNDCOL コラム NI COLUMNS、 NI JCOLUMNS

地域別ニュース: 米国 NI US

日本語ニュースヘッドライン:NH JBN 日本語ニュース:JBN 海外全ニュース:NI JFALL

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE