こう着日経平均、5連続で値幅100円未満-重要日柄で7月中旬動きか

日本株はこう着感を強め、26日まで日経平均株価の高安値幅は5営業日連続で100円未満となっている。これは2014年8月以来とほぼ3年ぶりだ。いちよし証券投資情報部の高橋幸洋課長は相場停滞について、米国の長期金利がもちあい、ドル・円相場の動きも乏しく、「レンジを離れるロジックが組み立てられない」と言う。一方、英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を決めた16年6月、米大統領選の11月を起点にすると、均衡表の基本数値「172」や「257」からみた長期の重要日柄が「7月10ー20日にかけ重なる」とも指摘、経験則から変化が起きやすいとみている。企業業績への安心感から「週足ベースで上昇パターンは崩れていない。日経平均はこのタイミングで、2万1000円に向け上放れる可能性がある」と高橋氏は予想した。

トランプ氏が非難したロンドン市長-イスラム教徒・カーン氏の素顔

自動運転車で変わる産業・社会-インテルのスミス氏が語るインパクト

東芝は原発で生き残りを、物言うヘッジファンド「オアシス」CIO

香港の立体駐車場、落札価格は約3300億円-史上最高額

日本企業のM&A、米市場の魅力変わらず-スキャデン・石塚氏

値上り銘柄

2928:JP RIZAPグループ
149.00
9.93%
3932:JP アカツキ
500.00
5.66%
9474:JP ゼンリン
160.00
5.17%

値下り銘柄

4506:JP 大日本住友製薬
-104.00
-6.11%
6502:JP 東芝
-10.90
-3.54%
9603:JP エイチ・アイ・エス
-115.00
-3.23%

トピック・コラム・特集

ヤンコール、リオの豪石炭資産買収に向け新インセンティブ-関係者
英・オーストラリア系鉱山会社リオ・ティント・グループが保有する豪州の石炭資産を巡り、買収を争うスイスのグレンコアが土壇場で条件を引き上げたことを受け、中国系のヤンコール・オーストラリアは新たなインセンティブを加えた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

ブルームバーグ独占ニュース

米WD:韓国SKの「連合参加」を問題視、東芝メモリ売却で抗議文
東芝のメモリー事業売却で同社が産業革新機構などの日米韓連合を優先交渉先に決めたことに対し、合弁相手の米ウエスタンデジタル(WD)が東芝側に抗議文を送っていたことが26日、分かった。競争相手の韓国半導体大手SKハイニックスが革新機構の陣営に加わることを特に問題視している。

政治

経済指標