ゴールドマン、1850億円規模の米不動産取引逃す-関係者

米ゴールドマン・サックス・グループは、スウェーデンの年金運用機関アレクタによる米不動産入札でいったんは落札したものの、条件が折り合わず取引は白紙に戻り、ブラックストーン・グループが18億ドル(約1850億円)規模の同取引で最終的に勝者となった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

値上り銘柄

6479:JP ミネベア
107.00
11.32%
6728:JP アルバック
238.00
8.84%

値下り銘柄

3398:JP クスリのアオキ
-340.00
-8.26%
9605:JP 東映
-51.00
-6.18%
4043:JP トクヤマ
-25.00
-5.57%

海外ニュース

国内ニュース

日本株上げ広げる、銀行の強さが顕著-機械など輸出セクターも高い
31日午後の東京株式相場は一段高、主要株価指数は午前の高値を上回った。海外の金融株上昇や金利上昇観測を背景に金融セクターの強さが顕著で、銀行株が業種別上昇率トップ。ドル・円が1ドル=103円台に入るなど為替の円安傾向が好感され、自動車や電機、機械など輸出株も高い。

政治・政策

クリントン氏、私的サーバー問題で25項目の質問に回答へ-30日以内
米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏は4年間の国務長官在任中に私的な電子メールサーバーを使用していた問題に関連して、保守系の行政監視団体「ジュディシャル・ウォッチ」の25項目の質問に30日以内に書面で回答しなければならない。30  同団体がクリントン氏を相手取り訴訟を起こしたワシントンの連邦地裁の判事の許可を受け作成した質問は、私的電子メールシステムをいつどのように設けたかや、それを公務に利用しようと決めたのはいつか、私的サーバーを使用した電子メールは米連邦情報公開法で開示を義務付けられることは承知していたか、ハッカー攻撃を受けるリスクについて誰かから警告を受けたかなどだった。

経済指標