マクロン大統領の首相指名がフランスを団結させる

バフェット氏引退後のバークシャー

ロス米商務長官、中国との和解問題を語る

トランプ大統領がテクノロジー業界に与える影響とは

中国の「一帯一路」構想:クイックテイク

値上り銘柄

9603:JP エイチ・アイ・エス
394.00
14.02%
7630:JP 壱番屋
170.00
4.66%
8283:JP PALTAC
140.00
3.88%
8369:JP 京都銀行
27.00
2.93%

値下り銘柄

6258:JP 平田機工
-660.00
-5.88%
4321:JP ケネディクス
-24.00
-3.99%
4506:JP 大日本住友製薬
-60.00
-3.44%

トピック・コラム・特集

ブルームバーグ独占ニュース

政治

ロシアとの秘密通信回線打診は「大きな問題でない」
トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問が、政権移行の準備を進めていた段階で、次期政権とロシアとの秘密の通信回線設置を打診していたとされる報道について、ケリー国土安全保障長官は28日、大きな問題だとは思わないと語った。一方、下院情報特別委員会の民主党筆頭理事であるシフ議員は、クシュナー氏に与えられた機密情報を扱う権限を見直す必要があるとの見解を示した。

経済指標