クシュナー氏、ロシアとの秘密回線の設置を検討していた-関係者

トランプ米大統領の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏は、トランプ陣営が政権移行の準備を進めていた昨年12月、次期政権とロシア政府の間に秘密の通信回線を設置することを検討していた。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。シリア危機の解決策について協議することが主な目的だったという。

トランプ大統領のパリ協定への見方「変化しつつある」-NEC委員長

地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」に対するトランプ米大統領の見方は「変化しつつある」と、 コーン米国家経済会議(NEC)委員長が指摘した。コーン氏は、米国の二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標引き下げが可能だとの確約が得られれば、トランプ大統領が欧州首脳の要求に従いパリ協定に残留する用意があるかもしれないと示唆した。

マクロン大統領の首相指名がフランスを団結させる

バフェット氏引退後のバークシャー

ロス米商務長官、中国との和解問題を語る

トランプ大統領がテクノロジー業界に与える影響とは

中国の「一帯一路」構想:クイックテイク

トピック・コラム・特集

ブルームバーグ独占ニュース

政治

経済指標