フィヨン氏がマクロン氏逆転、ルペン氏決選投票支持上昇-仏大統領選

フランス最大野党・共和党など中道・右派陣営の大統領候補であるフィヨン元首相は、妻への不正支給疑惑で落ち込んだ支持率を回復し、大統領選の決選投票に進む可能性が再び高まった。改革プログラムの修正や全国的キャンペーンが奏功し、調査会社エラブが公表した最新世論調査で、支持率の改善が示された。

ヘッジファンドの主張、米高裁おおむね退ける-GSEの利益取得で

米政府が2008年の金融危機時に救済したファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の利益を吸い上げるのは不当だとして、複数のヘッジファンドが政府を相手取って起こした訴訟で、ワシントンの連邦高裁はヘッジファンド側の主張をおおむね退ける判断を下した。これを受け、ファニーメイ株とフレデイマック株は21日、急落した。

マーケットサマリー

値上り銘柄

6502:JP 東芝
22.10
12.03%
4755:JP 楽天
92.50
8.96%
7211:JP 三菱自動車工業
26.00
3.74%

値下り銘柄

7984:JP コクヨ
-94.00
-6.01%
8848:JP レオパレス21
-31.00
-5.03%
6740:JP ジャパンディスプレイ
-11.00
-3.90%
3098:JP ココカラファイン
-140.00
-2.94%

コラム・特集

ブルームバーグ独占ニュース

メスター総裁:FRBは金利に関して市場驚かせたくない
クリーブランド連銀のメスター総裁は22日、政策当局者が金利に関して市場を驚かせたくないと述べるとともに、世界や国内にリスクがある中で見通しの調整を機敏に行う必要があると指摘した。シンガポールでブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

政治

ヘッジファンドの主張、米高裁おおむね退ける-GSEの利益取得で
米政府が2008年の金融危機時に救済したファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の利益を吸い上げるのは不当だとして、複数のヘッジファンドが政府を相手取って起こした訴訟で、ワシントンの連邦高裁はヘッジファンド側の主張をおおむね退ける判断を下した。これを受け、ファニーメイ株とフレデイマック株は21日、急落した。

経済指標