Updated: Tokyo  2014/10/22 08:52  |  New York  2014/10/21 19:52  |  London  2014/10/22 00:52
 

債券

債券相場は下落が予想されている。欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測を背景に、前日の米国市場で株価が大幅上昇し、債券が売られた流れを引き継ぐ見込み。
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
21日の米国債は下落。朝方発表された米中古住宅販売が1年ぶりの高い水準をつけたことから、世界的に景気は減速しても米経済は改善している兆候と受け止められた。
記事全文
米銀JPモルガン・チェースが62億ドル(約6600億円)規模の取引損失を出したいわゆる「ロンドンの鯨」事件はニューヨーク連銀が監督を怠ったと、連邦準備制度理事会(FRB)の監察室がリポートで指摘した。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
米銀JPモルガン・チェースはスイス・フランのロンドン銀行間取引金利(LIBOR)のほか、金利デリバティブ(金融派生商品)のスプレッドに影響を与えようとしたとの問題で、欧州連合(EU)当局に制裁金7220万ユーロ(約98億円)を支払うことに合意した。EUの欧州委員会が21日発表した。
記事全文
欧州中央銀行(ECB)が資産購入プログラム実施2日目となる21日にイタリアのカバード債を購入したと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。
記事全文
20日に始まった欧州中央銀行(ECB)のカバード債購入は同日の市場の士気を高めなかったし、今後も購入量は投資家を失望させるだろうと、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)がリポートで指摘した。
記事全文
21日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇。ここ1週間の売りで利回りが2カ月ぶり高水準に接近したため、投資妙味が出た。欧州中央銀行(ECB)が緩和策を拡大するとの観測も支援材料となった。
記事全文
日本生命保険は2014年度下半期の運用計画で8000億円を見込む新規資金を、安定的にインカム収入の得られる円金利資産を中心に積み増し、金利・為替水準に応じてオープン外債にも配分を調整する。足元の低金利が継続する場合は、国内債の積み増しは抑制する。財務企画部の佐藤和夫部長が21日の記者説明した。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。