Updated: Tokyo  2014/09/02 03:22  |  New York  2014/09/01 14:22  |  London  2014/09/01 19:22
 

債券

欧州では8月に製造業が減速した。ユーロ圏と英国で活動拡大ペースが鈍化したほか、イタリアでは1年2カ月ぶりに活動が縮小した。地政学的リスクの高まりの影響が浸透しつつある。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
欧州債市場ではイタリア10年債利回りが低下。同国債とスペイン10年債のドイツ債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が、100ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に向けて一段と縮小するとの見方が浮上している。
記事全文
9月1日の米国市場はレーバーデーの祝日で終日休場。株式や国債のほか、原油先物などのニューヨーク商業取引所(NYMEX)を含むCMEグループの各市場も休場となる。通常取引は2日に再開される。
記事全文
野村の東南アジア債券資本市場の責任者を2年間務めていたラジ・マルホトラ氏が退社し、1日からソシエテ・ジェネラルのシンガポールの債券資本市場チームで勤務を開始したと、事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにした。
記事全文
スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン総裁は、世界経済のリスクが高まる中でスイス・フラン相場の上限を維持すると表明した。
記事全文
ロシアの通貨ルーブルは1日、ドルに対して2営業日連続で過去最安値を更新した。ウクライナの親ロシア派武装勢力の反撃を受け、対ロシア制裁強化の可能性が高まった。
記事全文
英国の7月の住宅ローン承認件数は前月から減少したものの、エコノミスト予想を上回った。融資基準の厳格化後も住宅市場が一定の勢いを維持していることが示された。
記事全文
一時は盤石だったドイツ経済の強さに亀裂が入りつつある。投資の低迷で4-6月(第2四半期)がマイナス成長となり、ユーロ圏経済の回復に黄信号がともった。
記事全文
イングランド銀行が発表した7月の個人向け貸出動向およびM4マネーサプライの概要は以下の通り。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。