Updated: Tokyo  2014/04/19 20:52  |  New York  2014/04/19 07:52  |  London  2014/04/19 12:52
 

債券

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
安部真由美記者が、18日の東京金融市場について話します。(Source: Bloomberg)
記事全文
18日の米株式・債券・商品市場はグッドフライデー(聖金曜日)の祝日のため休場。取引は週明け21日に再開される。
記事全文
債券相場は小幅続伸。日本銀行がきょう実施した長期国債買い入れオペに加え、超長期ゾーンの現物債への買いが相場を押し上げた。
記事全文
国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。
記事全文
中国当局はチャイナ・リソーシズ・ホールディングス(華潤集団)の宋林会長の汚職疑惑に対する調査を進めている。国内メディアは国営企業である同社の1部門が意図的に石炭資産向けに過大な支払いをしていた疑惑を繰り返し報じてきた。
記事全文
東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=102円台前半を中心に底堅く推移。ウクライナ情勢の鎮静化などを背景とした米金利の上昇がドルを下支えした。
記事全文
国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は、偶発転換社債(通称CoCo)が一定の偶発条件の下で株式に転換されたり、元本が削減されたりするリスクに備えるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を開発している。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。
記事全文
中国の短期金融市場では、1年物の金利スワップレートが週間ベースで昨年6月以来の大幅低下となりそうだ。政府が農村地域の一部銀行の預金準備率を引き下げる計画を16日に発表したことが背景。
記事全文
上海銀行間取引金利(SHIBOR)およびローンプライムレート(貸出基礎金利、LPR)の一覧は以下の通り。現地時間午前11:30に公表される。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。