Updated: Tokyo  2014/11/01 06:52  |  New York  2014/10/31 17:52  |  London  2014/10/31 21:52
 

債券

米国債相場は下落。5年債利回りは3週間ぶり高水準に達した。日本銀行の追加金融緩和が背景。米連邦公開市場委員会(FOMC)は今週、債券購入プログラムを終了した。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
31日の欧州債市場では、イタリアとフランスの国債が上昇。日本銀行の追加緩和を受け、世界的に株式や高利回り資産が買われた。日本の投資家による買いが膨らむとの見方も強まった。
記事全文
米ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁は、金融当局はインフレ率を目標の2%に向けて押し上げるためのより断固とした措置を講じていないことから、信認を損なう恐れがあるとの認識を示した。
記事全文
スイス国立銀行(SNB)が発表した9月の資産・負債状況の詳細は以下の通り。
記事全文
ユーロ圏では10月のインフレ率が、前月の5年ぶり低水準から上昇した。デフレ回避に取り組む欧州中央銀行(ECB)に若干ながら、余裕が与えられたもようだ。
記事全文
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は資産構成を大幅に変更する。全体の大半を占めていた国内債券を大幅に引き下げる一方、日本株式と外貨建て資産は引き上げる方針で、国内債の削減と外国株の増加幅は市場予想を上回った。
記事全文
日本銀行の黒田東彦総裁は31日の会見で、金融政策、景気・物価の見通しなどについて話しました。
記事全文
日本銀行はこの日、追加金融緩和決定を受けて、当面の長期国債買い入れオペの運営方針を発表した。毎月の買い入れ額は8兆-12兆円程度を基本とするとし、従来の6兆-8兆円程度から増額。買い入れ回数は月8-10回程度を維持する。
記事全文
モルガン・スタンレーの金利トレーディング責任者だったグレン・ハッデン氏がヘッジファンドのアルファダイン・アセット・マネジメントに入社した。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。