Updated: Tokyo  2014/11/23 21:52  |  New York  2014/11/23 07:52  |  London  2014/11/23 12:52
 

債券

モルガン・スタンレーのドン・コーンウェル氏は同行を去り、ポール・トーブマン氏のアドバイザリー会社PJTパートナーズに加わる。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
米国債相場は続伸。欧州と中国の中央銀行が追加の景気刺激策に動いたため、相対的に利回りが高い米国債の魅力が高まった。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
21日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債相場が軒並み上昇。アイルランドとイタリアの国債利回りは過去最低となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がインフレ見通しが一段と悪化した場合、資産購入の幅を広げる方針を示したことがきっかけ。
記事全文
欧州中央銀行(ECB)は21日、資産担保証券(ABS)の購入を開始した。資産購入プログラムの拡大第1日目となったこの日はオランダの住宅ローンを裏付けとした証券を購入したと、事情に詳しい関係者3人が匿名を条件に述べた。
記事全文
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、ユーロ圏のインフレ率を高めることに強い決意を示し、そのために資産購入の「幅を広げる」ことを辞さない姿勢を示唆した。
記事全文
カナダ統計局が発表した10月の消費者物価指数(CPI)の詳細は以下の通り。
記事全文
バーゼル銀行監督委員会は、銀行が保有する証券化商品に対して確保しなければならない資本の水準を高める方針だと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。そのような規制強化は資産担保証券(ABS)への銀行の投資意欲を殺ぐとして、銀行側は反対を表明していた。
記事全文
21日の欧州金融市場ではユーロが軟調となった一方、国債相場は上げ幅を拡大。迅速にインフレ率を高めなければならないと欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発言したことが手掛かり。中国利下げを受けて、欧州株式相場も大幅高となった。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。