Updated: Tokyo  2015/08/30 20:37  |  New York  2015/08/30 07:37  |  London  2015/08/30 12:37
 

債券

中国の苦境の深まりが世界経済見通しに与える影響が大きくなり始めている。
記事全文
28日のブラジル市場では株価指標のボベスパ指数が反落し、通貨レアルも下落した。4-6月(第2四半期)の同国経済が2四半期連続のマイナス成長となり、リセッション(景気後退)入りしたことで、企業利益が低迷するとの懸念が強まった。
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
今週の米国債相場は6月以来の大幅安。ボラティリティ(変動性)はここ半年で最大を記録した。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
米邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は、市場の混乱を理由に利上げ先送りを望む当局者と、経済には利上げに対応できるだけの力強さがあると主張する当局者との中間に立つ姿勢を示し、9月利上げの選択肢を残した。
記事全文
28日の欧州債市場では、ドイツ国債がほぼ変わらず。前日まで下げ基調にあった。スペインでインフレ率がアナリスト予想以上に落ち込んだことを受け、欧州中央銀行(ECB)が域内のデフレリスクを食い止めるため国債購入プログラムを拡大するとの観測が高まった。
記事全文
スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン総裁は、為替市場に介入する用意があるとあらためて表明した。マイナス金利の政策が通貨フランを押し下げるのに役立つだろうとの見解も示した。
記事全文
ドイツでは8月のインフレ率が3カ月連続でゼロ付近にとどまった。原油が値下がりする中で欧州中央銀行(ECB)の一部当局者はインフレに及ぼす影響を懸念している。
記事全文
決済処理サービスを手掛けるフランスのインジェニコ・グループは、同業の英ワールドペイに買収案を提示した。英スカイが情報源を明示せずに報じた。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。