Updated: Tokyo  2014/04/24 19:52  |  New York  2014/04/24 06:52  |  London  2014/04/24 11:52
 

債券

中国人民元は24日、対ドルで約1年4カ月ぶりの安値となった。英HSBCホールディングスなどが前日発表した4月の中国製造業購買担当者指数(PMI)が4カ月連続の活動縮小を示唆したことが引き続き重しとなった。
記事全文
資産規模で英2位の銀行、バークレイズは24日、1-3月(第1四半期)の利益が小幅減少する見込みだと明らかにした。投資銀行部門の債券事業の減収が理由だとしている。
記事全文
経済・物価情勢が日本銀行の見通しに沿って推移する中でも長期金利は低水準にとどまっている。こうした中で、シナリオ通りに今後も情勢が推移した場合の長期金利急騰リスクに日銀が懸念を強めている。関係者への取材で明らかになった。
記事全文
国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。
記事全文
世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、運用委員会のトップを国内債中心の運用見直しなどを提言した有識者会議のメンバーで固めた。
記事全文
債券市場では超長期債相場が上昇。長期金利が0.6%付近の低水準で推移する中、より高い金利収入を狙って投資家などが買いを入れたとの見方が出ていた。一方、きょう実施の2年国債入札は結果は市場予想通りだった。
記事全文
中国のコンピューターメーカー、レノボ・グループ(聯想集団)は米ドル建て社債の発行を計画している。
記事全文
最近、入札が行われた2年利付国債の結果は下記の通り。(金額の単位は10億円、利回りは%)
記事全文
中国の短期金融市場で24日、指標金利がこの2週間余りで最大の上昇となった。四半期末後の税納付により、金融システムの流動性が引き締め気味となった。
記事全文
財務省が24日に実施した表面利率0.1%の2年利付国債(340回債)の入札結果によると、最低落札価格が100円2銭0厘(最高利回り0.089%)、平均落札価格は100円2銭0厘(平均利回り0.089%)となった。(金額の単位は10億円)
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。