Updated: Tokyo  2015/04/01 06:52  |  New York  2015/03/31 17:52  |  London  2015/03/31 22:52
 

債券

米国債相場は1-3月(第1四半期)に上昇し、四半期ベースでは1998年以降で最長の連続高となった。インフレ予想の低下や、金融当局者が性急な利上げはないとのシグナルを発したことが背景にある。
記事全文
欧州中央銀行(ECB)の政策当局者らは6カ月連続で純預金流出となったギリシャの銀行への支援を検討する。
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
ヘッジファンド投資家はまだあきらめていない。ブルームバーグのデータによれば、少なくとも5つの新しいヘッジファンド会社が10億ドル(約1200億円)以上の資金を持って今年運用を開始したか開始しようとしている。昨年は8社が誕生した。このような大規模ヘッジファンドが多数誕生したのは2005年以来のことだ。同年には新たに13ファンドが誕生して合計190億ドル�
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
31日の欧州債市場ではイタリアとスペインの国債が上昇。欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)プログラムを開始した今月が終わりに近づく中、両国債のリターンは四半期ベースで11四半期連続のプラスとなった。
記事全文
スイス国立銀行(中央銀行)が突然にフランの上限を撤廃したことで引き起こした市場混乱は、金融モデルに依存した投資リスク評価が危険であることを示したと、スイスの金融監督当局FINMAが指摘した。
記事全文
1月の全米20都市の住宅価格指数は前年比での伸びが加速した。
記事全文
民間調査のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とケース・シラーが発表した住宅価格指数の詳細は以下の通り。
記事全文
ドイツの銀行、デュッセルドルフ・ヒポテーケンバンクはヘタ・アセット・リゾリューションの債務支払い猶予(モラトリアム)によって破綻の瀬戸際まで追い詰められたが、この苦境をもたらした一因はユーレックスからのマージンコール(追加証拠金要求)だった。事情に詳しい関係者が明らかにした。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。