Updated: Tokyo  2015/01/31 15:52  |  New York  2015/01/31 01:52  |  London  2015/01/31 06:52
 

債券

デンマーク中央銀行は国債発行を当面停止すると表明した。同中銀は投資家による通貨クローネの購入に伴うクローネ高の阻止に努めている。
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
今月の米国債相場は1月としては1988年以降で最も良いパフォーマンスとなった。相対的に高い利回りを求めて世界的に米国債を買う動きが広がった。30日の市場では、朝方発表された昨年10-12月(第4四半期)の米国内総生産(GDP)の伸びが市場予想を下回ったことを背景に、相場が上昇した。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
30日の欧州債市場では、ドイツ国債が上昇し利回りが過去最低を付けた。債務軽減を図るギリシャをドイツ財務省は一蹴。これを受けてギリシャ3年債は5営業日続落した。
記事全文
ギリシャは対ロシア制裁への反対や救済合意の破棄をちらつかせることで、欧州連合(EU)内で孤立するリスクを抱えていると、ドイツ外務省のミヒャエル・ロート欧州担当国務大臣が指摘した。
記事全文
30日午前の米市場ではS&P500種株価指数先物が下落し、米国債は上昇した。昨年10-12月期の米経済成長率が予想を下回ったことが背景にある。ルーブルはロシアの予想外の利下げを受けて下落した。
記事全文
ユーロ圏の1月の消費者物価は下落し、域内がリセッション(景気後退)のさなかにあった2009年と同様の深刻な値下がりを記録した。デフレとの闘いで欧州中央銀行(ECB)が後手に回ったことが浮き彫りになった。
記事全文
みずほフィナンシャルグループの2014年10-12月(第3四半期)連結純利益は、前年同期比26%増の1679億円となった。国内貸し出しが伸び悩んだものの、国債関連収益の増加などが押し上げ要因となった。東証で30日開示した。
記事全文
中国人民元は30日、ドルに対して下落。月間ベースで3カ月連続安となった。中国経済が鈍化しつつある兆しが重しとなる中で、ドル需要が上向いたことが影響した。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。