Updated: Tokyo  2015/07/29 04:37  |  New York  2015/07/28 15:37  |  London  2015/07/28 20:37
 

債券

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は28日、ブラジルの信用格付けを投機的水準に引き下げる可能性があることを明らかにした。同国では政治家や企業への汚職捜査が続くなど、政治・経済的難題が山積している。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
28日の欧州債市場でドイツ国債は前日からほぼ変わらずで取引を終えた。軟調な場面が目立ち、イタリアやスペインなどいわゆる周辺国の国債と比較してパフォーマンスが悪かった。欧州株が反発し、安全資産としての独国債の需要が後退した。
記事全文
ギリシャは株式市場の再開に向けて一歩前進した。欧州中央銀行(ECB)が取引の基本規則についてのギリシャ案を承認したからだ。アテネ証券取引所の報道官が電話で明らかにした。
記事全文
5月の全米主要20都市の住宅価格は前年比で上昇したが、前月より小幅な伸びにとどまった。
記事全文
官民一体で進むコーポレートガバナンス(企業統治)の強化は、市場主義に慣れた外国人を中心に日本株の再評価につながり、企業と投資家の間には心地よい風が吹いている。しかし、支配欲からひとたび投資家が買収に乗り出せば、東京証券取引所に上場する企業の2割が毒薬を秘めた牙をむき、抵抗する可能性がある。
記事全文
民間調査のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とケース・シラーが発表した住宅価格指数の詳細は以下の通り。
記事全文
ギリシャの救済をめぐる債権団との新たな交渉は、政府がどの「事前行動」を実行すれば来月に支援が得られるのかについての論争で始まった。
記事全文
米銀大手JPモルガンが顧客を対象に調査した先週の米国債投資家心理指数は以下の通り。
記事全文
香港オフショア人民元は28日、ドルに対して続伸。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを2週間ぶりの高水準に引き上げたほか、7-12月(下期)に人民元レートを安定的に維持する方針を表明した。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。