Updated: Tokyo  2015/03/06 07:22  |  New York  2015/03/05 17:22  |  London  2015/03/05 22:22
 

債券

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
5日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで約11年ぶりに1ユーロ=1.10ドルを下回った。 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はインフレ押し上げと経済成長回復を目指すソブリン債購入策の詳細を明らかにした。
記事全文
ドイツ連邦銀行(中央銀行)のドンブレト理事は5日、欧州中央銀行(ECB)の資産購入計画がうまく行くかどうか分からないとの考えを示した。同計画により、各国政府に経済改革を求める圧力が弱まると指摘した。
記事全文
5日の金融市場では、ドイツ国債に対する米国債の利回り上乗せ幅が過去25年で最大となった。
記事全文
米連邦準備制度理事会(FRB)が発表したマネーサプライ(通貨供給量)統計の概要は次の通り。
記事全文
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、債券購入を今月9日に開始すると言明。また、ECB当局者らがデフレリスクの解消に自信を持っていることを示唆した。
記事全文
欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)
記事全文
5日の欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数が続伸し、2007年7月以来の高値を付けた。欧州中央銀行(ECB)が国債購入を9日に開始すると発表したことが好感された。
記事全文
5日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて上昇。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が国債購入プログラムの購入対象について、マイナス0.2%となっている中銀預金金利を下回らないと表明。これを受けて長期債の需要が高まった。
記事全文
5日のトルコ金融市場では、通貨リラがドルに対し3日連続で過去最安値を付けた。ゼイベクチ経済相は中央銀行による利下げがまだ十分でないと指摘し、通貨について懸念する必要はないと語った。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。