Updated: Tokyo  2016/02/14 01:52  |  New York  2016/02/13 11:52  |  London  2016/02/13 16:52
 

債券

資産家ジョン・ポールソン氏は再びディストレスト債に投資する計画だ。
記事全文
15日の米金融市場はプレジデンツデーの祝日で株式や国債のほか、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)を含むCMEグループの各取引市場が終日休場となる。通常取引は16日に再開される。 
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
12日の米国債相場は反落。利回りは2カ月で最大の上げとなった。原油価格が7年ぶりの大幅高となり、米国株も6営業日ぶりに上昇したことが手掛かり。
記事全文
日本銀行は最近の金融市場の動揺について各国の当局者らと意思伝達を図っていると、中曽宏副総裁が述べた。
記事全文
12日の欧州債市場ではポルトガル債が乱高下。この日は値上がりで取引を終えたものの今週は一貫して値動きが激しく、利回り変動幅は143ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に達した。公務員給与の減額措置撤廃などが予算案に盛り込まれ、改革プログラムに悪影響を及ぼすとの懸念が背景にある。
記事全文
米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、米経済には世界的な金融市場の混乱を乗り切るだけの勢いがあると指摘した。また政策当局にはマイナス金利を検討する前に、他に多くの選択肢があるとの認識を示した。
記事全文
ドイツ銀行は12日、ユーロ建てとドル建て債の買い戻し計画を発表した。財務に関する投資家の懸念払拭(ふっしょく)を図る。
記事全文
多額の債務を抱える米石油サービス企業のパラゴン・オフショアは12日、27億ドル(約3050億円)相当の債務の再編で債権者と合意したと発表した。この債務再編計画は11億ドル超の債務削減などにつながるとしている。同社は14日までに、デラウェア州の連邦破産裁判所に連邦破産法11条の適用を申請する予定。
記事全文
債券市場ではこのところ、ムードが急変しやすく激しさもすさまじい。トレーダーらは突然、欧州の銀行に拒否反応を示し始めた。ドイツ銀行について、偶発転換社債(CoCo債)の利払いができないのではないかという懸念が高まったが、最新の標的はクレディ・スイス・グループだ。
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。