Updated: Tokyo  2014/07/31 08:07  |  New York  2014/07/30 19:07  |  London  2014/07/31 00:07
 

債券

米バンク・オブ・アメリカ(BOA)の住宅金融部門カントリーワイドは、2008年に起きた金融危機の前にファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦宅貸付抵当公社)に欠陥住宅ローンを販売したとして、13億ドル(約1340億円)の支払いを命じられた。支払い額は政府請求の約半分に減額された。
記事全文
債券相場は下落が予想されている。前日の米国市場で、4-6月期の実質国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったことや、連邦公開市場委員会(FOMC)の量的緩和縮小継続を受けて、債券相場が下落した流れを引き継ぎ、売りが先行する見込み。
記事全文
米連邦公開市場委員会(FOMC)は29-30日に開催した定例会合後に声明を発表し、景気回復は加速しているものの、労働力の活用が極端に低い状態が続いていると指摘した上で、資産購入額の縮小を継続した。
記事全文
アルゼンチンの銀行業界首脳で元経済財務省当局者のセバスティアン・パリャ氏は30日、同国の13年間で2度目のデフォルト(債務不履行)の回避を目指して土壇場の提案を行うためニューヨーク入りした。
記事全文
欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
記事全文
30日の米国債は下落。朝方発表された第2四半期の実質国内総生産(GDP)が予想を上回る伸びを示した。さらに米連邦公開市場委員会(FOMC)は6会合連続となる資産購入額の引き下げを決定した。
記事全文
米連邦公開市場委員会(FOMC)は29-30日に開催した定例会合後に声明を発表し、失業率が予想外の速さで低下したものの、労働市場には改善の余地が大きいと指摘した。これを背景に、低金利が維持されるとの見方が強まった。
記事全文
ニューヨーク外国為替市場ではドルが買われ、ドル指数は4カ月ぶり高水準に達した。4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は市場予想を上回る伸びとなったほか、連邦公開市場委員会(FOMC)は6会合連続となる債券購入額の縮小を決定した。
記事全文
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はアルゼンチンの格付けを「選択的デフォルト(SD)」に引き下げた。同国はデフォルト(債務不履行)状態に陥ることを回避する猶予期間を過ぎた後も、資産家ポール・シンガー氏率いるエリオット・マネジメントなど米ヘッジファンドとの交渉を続けている。
記事全文
ニューヨークの為替・株式・債券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)
記事全文



関連マーケット情報

注目の情報
(PR)
 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。