Updated: Tokyo  2014/04/24 19:28  |  New York  2014/04/24 06:28  |  London  2014/04/24 11:28
 

ホットリンク初値は2.7倍に、ビッグデータ分析-上場2日目

Share Google チェック

  12月10日(ブルームバーグ):9日にマザーズ市場に新規株式公開(IPO)し、上場初日の取引を買い気配のまま終えていたホットリンク 株は2日目のきょう、公開価格(2700円)に対し2.7倍の7170円で初値を付けた。

同社は2000年6月に設立。ツイッターやブログなどソーシャルメディアから収集したビッグデータを分析し、企業のキャンペーンの効果測定やブランド調査のほか、コンサルティングも行う。13年12月期の連結業績見通しは、売上高が9億3200万円と、単独決算だった前期比では46%増、純利益は6400万円(前期は単独で2900万円)を見込む。1株純利益は55円5銭を計画している。。

IPOに伴う公募株数は18万8800株、売り出しは28万株、オーバーアロットメントによる追加売り出し7万300株を実施した。主幹事は野村証券が務めている。

証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は、「人気化する傾向があるマザーズ上場のネット関連企業」と指摘。旬なビッグデータ活用を支援するクラウドサービスを手掛ける点も、「投資家から注目されやすい」と話していた。

記事についての記者への問い合わせ先:東京 河野敏 skawano1@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Sarah McDonald smcdonald23@bloomberg.net

更新日時: 2013/12/10 09:40 JST

 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。