Updated: Tokyo  2014/12/19 13:36  |  New York  2014/12/18 23:36  |  London  2014/12/19 04:36
 

東電を米空母乗組員が加州で提訴-原発事故で虚偽発表と主張

Share Google チェック

  12月27日(ブルームバーグ):福島第一原子力発電所を所有・運営する東京電力 を米軍の原子力空母乗組員8人が訴えた。放射能にさらされた上に、東電が危険性について虚偽の発表をしたと主張している。

米カリフォルニア州サンディエゴにある連邦地裁に21日提出された訴状によれば、米空母ロナルド・レーガンに乗船していた8人は、2011年3月11日の東日本大震災後の災害救助活動に関わっていた。地震と津波の被害を受けた福島第一原発はメルトダウン(炉心溶融)を起こした。

訴状は、福島第一原発での放射能漏れが乗組員らに脅威をもたらすことはないとの誤った印象を東電と日本政府が共謀してつくり出したと主張。その結果、原告らは安全ではない原発に近過ぎるエリアに入り、放射能にさらされたと原告の弁護士らは指摘している。

弁護士らは日本政府は「全てがコントロールされている」と言うことで空母乗組員を安心させたが、「原子炉のメルトダウンについて真っ赤なうそをついた」とし、「原告は今、放射能汚染と被ばくに一生耐えなければならない」と訴えた。

原告の空母乗組員は各々、損害賠償1000万ドル(約8億6000万円)と懲罰的賠償金3000万ドルに加え、健康状態をモニターし治療を受けるための費用を賄う1億ドルの基金の創設を命じる判断を求めている。

東電の広報担当、国影祐介氏は27日の電話取材に対し、「訴状が届いていないためコメントは差し控える。訴状の内容を精査した上で対応策を検討したい」と述べた。

関連ニュースと情報:トップストーリー:TOP JK<GO>海外トップニュースの日本語画面:TOP JI<GO> 

記事に関する記者への問い合わせ先:シドニー Joe Schneider jschneider5@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先: Douglas Wong dwong19@bloomberg.net

更新日時: 2012/12/27 18:33 JST

 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。