Updated: Tokyo  2014/10/01 14:55  |  New York  2014/10/01 01:55  |  London  2014/10/01 06:55
 

任天堂:宮本専務は有力ソフト開発から退かない-米誌報道で(1)

Share Google チェック

12月8日(ブルームバーグ):任天堂 の人気ソフト「スーパーマリオブラザーズ」などを開発してきた宮本茂専務が現在のポジションから退くとの一部報道に対し、同社広報担当の豊田憲氏は、今後も有力ソフトの開発から退くことはなく、地位にも変更はないと、電話取材にコメントした。8日の任天堂の株価は、この報道を受けて一時、下げ幅を拡大した。

宮本専務は現在のポジションを退き、より小規模なプロジェクトに従事すると、米誌ワイヤード電子版が伝えた

豊田氏は、宮本専務について「ソフト開発陣が十分に育ってきたことから関与の度合いを減らし、その余力を若手育成に使いたい」との意向を持ち、ワイヤード誌にもその旨を伝えたという。

8日の任天堂の株価は小幅安で推移していたが、報道を受けて一段安となり、主要市場の大証で一時、前日比3.6%安まで売られた。

記事についての記者への問い合わせ先:東京 駅 義則 Yoshinori Eki yeki@bloomberg.net

記事に関するエディターへの問い合わせ先:東京 大久保義人 Yoshito Okubo yokubo1@bloomberg.net香港 Michael Tighe mtighe4@bloomberg.net

更新日時: 2011/12/08 15:05 JST

 
 
 
最新のマーケット情報を携帯でご覧いただけます。ぜひご利用ください。